津村禮次郎

能楽師シテ方観世流。緑泉会会主。重要無形文化財(能楽総合)指定保持者。(社)日本能楽会、公益社団法人能楽協会会員。二松学舎大学文学部特任教授。一橋大学社会学部講師。大学在学中に一橋観世会に所属し、女流能楽師の開祖、津村紀三子に師事。1969 年観世流師範。74 年に緑泉会会主。91 年重要無形文化財保持者に認定される。79 年より小金井薪能を企画制作。新作能、創作活動、海外公演も多く、アレッシオ・シルベストリン、森山開次などのダンサーとも共作、共演している。2010 年度文化庁文化交流使としてロシア、ハンガリーで指導交流を行う。著作に「能狂言図典」「能がわかる100 のキーワード」。また「舞幻(BUGEN)」を出版。その他、写真集「能」(PIEBOOKS)等に多数掲載される。過去5 年間の活動記録の映画「躍る旅人・能楽師津村禮次郎の肖像」(三宅流制作監督)が公開される(2015.6.27)

[緑泉会]http://www.ryokusenkai.net/index.html

この記事をシェア!